うつ病で休職しても罪悪感 頭を離れなかった退職や転職のこと

女性の心と体

春先は物事のスタートで活気づいて来ますが、反比例してうつ病になる人も多い季節です。

私が異動でうつ状態になり休職したのも春でした。

休めることにホッとした反面、どこか罪悪感があり、転職や退職のことばかり考えていました。

そしてその思考自体がうつ病の特徴でした。

今回はその時の体験談です。

スポンサーリンク

出勤しなくていい安心感と同じくらいの罪悪感

うつのきっかけは異動

私がうつ状態に陥ったのは、春先の定期の異動の時でした。

嫌な部署にではなく自分の希望が叶った異動で、本来は落ち込む理由なんてなかったはずなのです。

ただ、当時抱えていたプライベートな悩み事があり、それでも前向きに新しい環境に慣れなければいけないというプレッシャーと重なってしまったのかもしれません。

私自身は気持ちを持ち上げるのにかなり無理をしていたのでしょう。

新しい仕事を覚えるのに必死で焦っていました。

そして覚えられないと全て自分が至らないのだと思いました。

そんなに焦ることもないし、別に覚えが遅いわけでもないのに、サクサクと完璧に仕事をこなせない日々に勝手に追い詰められ、涙があふれるのです。

異動したことを後悔し、私がここに来たことは誰も歓迎してない、希望して来たことが迷惑をかけてしまった、などと悲嘆にくれていました。

私がいるとみんなが迷惑するのでは?と思うと、私は出勤できなくなりました。

しかし休むにも理由が必要で、ごまかしても限度があります。

休みの連絡をすること自体が高いハードルであり、それを考えるから眠れないという日が続きます。

自分で精神科クリニックを受診

自分の気持ちを持ち上げなければならない、そう思って自分で精神科クリニックに行きました。

休職というよりも、何とか仕事に行けるようにしてもらおうと思っていました。

そして、初めて会う医師の前で「自分はダメ人間である」「人に迷惑をかけている」「そもそも私は迷惑な存在なのだ」などと、何故か仕事と関係ない話を延々と話しながら涙が止まらなくなりました。

その年配の医師はただ親身に話を聞いてくれ、不思議な安心感がありました。

そして私は診断書をもらい休職することになりました。

この苦しさから逃げられる・・・・。

ほっとした気持ちと同時に不安がありました。

私は、体は何ともないし人と話もできる、クリニックも自分で受付して受診した、そんなしっかりしている私なのに気持ちの問題だけで診断書まで出して休もうとしている。

そして、内心ほっとしているなんてずる休みではないのか。

異動してきたばかりなのに私はおかしな人というレッテルが貼られ、それはもうはずせないのではないか。

自分が何か悪いことをしているような罪悪感がありました。

私を咎めたい人もきっといるに違いないなどと考え、家にいても何となく息をひそめているような日々を過ごしました。

*参考記事

看護師も心を病む うつ病は他人事じゃない 私の症状はこうでした 

スポンサーリンク

いっそ退職する方が楽?でも転職する勇気もない

休職中は毎日連絡をしなくてもよくなり、追い立てられるような不安はなくなりました。

翌日のことを考えなくていいので、眠れなくても楽になりました。

だけどずっとこんな日が続くわけではありません。

やっぱりそんなに休んではいけないという葛藤があって、後半には休みが終わる日のことばかり考えるようになります。

そしてまた不安にかられ、休職前よりも、自分はどう評価されるのかということが気になり始めるのです。

このまま退職しようかと何度も考えました。

でも転職する勇気もないのです。

転職しよう!とか退職したい!という積極的な気持ちはなくただ居場所がない不安でした。

ちなみに、うつ病で休職中は、早まって退職など決めずに現状維持しておくのがいいと医師は言います。

混乱している時は、重要なことの決定は避けた方が良いというのが一般的なアドバイスです。

退職してしまうと、転職の問題や経済的不安などの問題も加わってくるからです。

私はこの時、1ヶ月ほど休職し復職しました。

その後は数年働いているので、この休職は結果的に良かったということになります。

不安もありましたが越えられないことはなく、私には休職もですがその精神科医に話せたことが勇気になったと思います。

スポンサーリンク

混乱した頭は休息と整理が必要で薬は上手に使う

私は不眠でしたので睡眠薬を使いました。

看護師は普段から不規則な勤務で睡眠調整が必要なので、睡眠薬を使っている人も多く、私も休職になる前から睡眠薬には慣れていました。

精神科クリニックでは睡眠薬とともに安定剤も処方されました。

処方されたのは抗うつ薬ではなく抗不安薬でした。

薬は、心の負担になっている悩みを解決はしてくれませんが、睡眠などのリズムをコントロールすることで脳を強制的に休ませます。

うつ状態の時の思考回路はずいぶんおかしいのに、自分の脳なので自分ではわかりません。

とにかく睡眠をとって、落ち着いて頭の中を整理することが必要なのです。

私はコミュニケーション能力はなくしていませんでしたが、重度のうつ病は会話が不可能なこともあります。

そういう病状に対しては抗うつ薬が奏功することも結構あります。

精神科勤務をしていた時にそんな患者さんを見て来たので、「精神科に薬は必要ない」と思いません。

薬は、依存せず必要なものを上手に使えばよいだけと思います。

スポンサーリンク

まとめ

うつ病で休職すると、休んでいる自分に焦りや罪悪感を持っていたたまれなくなり退職をしてしまう人も多いと思います。

でも退職や転職も大きな環境の変化なので、とりあえず休職期間は静かに現状維持して落ち着くまで待つ方がいいですよ。

焦らずに、結論を急がずに、今できることだけして休んでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

テキストのコピーはできません。