アラフィフジプシーナースのブログ

看護師の人間関係が悪いのは事実 いじめも日常で起きている

2018/11/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ゆきのです。

看護師の人間関係がひどいという話は、自分の勤務先だけではなく、結構あちこちでも聞くので、当たり前のことかと思っていました。

看護師の世界はとっても閉鎖的だし、仲間内でねちねちとしたいじめも日常的におこなわれていると思います。

陰湿な白衣の世界に興味をお持ちの方、今日もどうぞお付き合い下さい。

 

看護師の人間関係は殺伐としている?そんなものだと思ってます

看護師の人間関係は悪いのでしょうか?

私はそもそも人間関係に期待はしてないので、それほどショックではありませんでした。

違う職種でも、職場の人間関係ってこんなものかもしれないですしね。

私は、これまでに諸事情で転職を繰り返したので、数多くの職場で働いています。

はい、看護師以外の仕事もしました。

その話はまた次の機会にしようと思っています。

 

看護師の職場でも、風通しのいい、仲良しな職場もありましたよ。

とは言っても仕事ですし年齢層も様々、相性が悪い同士みたいなのが見て取れる人もいましたが、比較的、みんな人に親切で仕事のしやすい環境だったと思います。

 

要するに、必要以上に相手に干渉せず、ギスギスしてなければそれで上等なのではないかと私は考えています。

人間関係は、そこで仕事を続けていけるかどうかというところでも大きな要素になります。

だけど看護師の人間関係は、残念ながら上で書いたような親切で風通しのよい職場というのはあまりないようで、なんかギスギスしていることの方が多いです。

 

殺伐として居心地が悪い職場、それは看護師の世界ではもう当たり前の話。

そんなのに慣れてしまうと、人間関係がよいなんて聞いたら反対に疑心暗鬼になって、そこって何かあるんじゃないか?という目で見てしまうのですよね。

 

看護師は他人に構っている余裕がない人達

看護師の仕事は基本的にいつも忙しいです。

出勤してきたら最後、水も飲めないとかトイレに行く暇がないとか、まあそれもある話です。

 

チームで仕事はしますが、結局は自分の担当患者を自分が見ているという感じなので、黙々と孤独に仕事をしています。

なので、看護師同士があまり関わらなくても可能なのです。

 

もちろん、協力し合う仕事もありますが、後はその人が何をしていてどう忙しいのか、わりと無関心です。

そもそも、それぞれが自分の担当でいっぱいいっぱいですから構っていられないのです。

 

心身がいつも疲れている

 

看護師は、ほとんど慢性疲労の状態だと思います。

一番の原因はやはり夜勤のせいですね。

帰れない日勤と眠い夜勤の間で ナースの労働時間はどうなっている?

 

正常な生体のリズムが日常的に狂っています。

そして健全な精神にもひずみが生じ、それは感情のコントロールにも影響してくるのだろうと思います。

 

業務が滞る苛立ち

 

看護師の仕事は、自分でタイムスケジュールを組み立て、時間の中で無駄な動きのないように勧めていきます。

でもどんなに効率的にやっていても、結局は患者さん次第です。

 

私は、新人の頃に、用事があってそこに行くならばそのついでに3つの仕事が終わるようにしなさい、と教わりました。

常に効率よく、時間を短縮してスピードアップを図る。

この仕事をしていたら自然に身に着く動き方でもあります。

何回も行ったり来たりするのは無駄だし、そもそも予定通りに物事が進みません。

 

自分でどんなに効率よく進めていたつもりでも、そんなものは1つのナースコールで簡単に崩れます。

あっちで呼ばれ、こっちで呼ばれ、しているうちに、完全にペースを失います。

この状況って、実は心理的に大きな負担になるのだそうですよ。

自分でスケジュールをコントロールできないというのは、かなりストレスが溜まりやすいのだそうです。

看護師の仕事はその連続の上、中身はミスできないとても緊張感のあるものです。

それはイライラもしますよ。

 

なぜか看護師のいじめのターゲットになる人

看護師は、労働環境の中で全く満たされていません。

やりがいとか、そういうキーワードになるとまたちょっと違いますが、労働条件に満足している看護師っているでしょうか?

 

夜勤に追われて疲れは抜けないし、仕事はきついし、連休なんてあまりもらえないし、残業多いし手当つかないし、患者さんからは文句を言われ医師には怒られ、理不尽・・・というような不満を抱いている人、たくさんいますよ。

満たされないので人にも優しくなれません。

 

それに、私が感じるのですが、私も含めて看護師は早口で喋る人が多いです。

別に喧嘩しているわけではないのですが、いつも急いでいるので早口でやりとりしてます。

傍から見たらそれも殺伐とした印象があるかも?と思います。

 

そんな独特の雰囲気に、うまく入っていけない看護師もいます。

いじめのターゲットになりがちなのは、そういうタイプの人です。

看護師はよく「あの人は仕事ができない」というような言い方をします。

 

テンポよくさっさと動けなかったり、機転が利かないとか要領がよくないとか、報告や意見をすらすらと言えないとか・・・

そういう要素はいじめの対象になってしまうのですよね。

 

人には自分が物事をコントロールしたいという欲求がある。

それが邪魔されるからストレスが溜まりやすいとさっき↑で書きましたが、それを他で解消するために、コントロール可能なものに向かいやすいのだそうです。

コントロール可能=従順でおとなしい人

逆らわない人を自分の自由にする。そこでいじめの誕生です。

 

人にもよるのですが、そこまでするのかというような意地悪をしますよ。

あほらしいことに、みんなの前でこき下ろしてバカにするという手法が多いと思います。

または、困っているのを知っていて無視、とかですね。

 

新卒さんでも指導という名の元にやられますよ。

同じ新卒でも、人の懐に潜り込むテクニックの高い人もいますから、そうなると大きく差がつきます。

ターゲットは「使えない」と大抵言われています。

「使えない」という共通認識で見下ろし、その集団は結束する、という構図です。

 

人手不足なのに人材潰すなんて愚かすぎる

いやいやいや・・・人材を潰してしまうなんて、とっても困るのですよ。

慢性的に人手が不足しているのが看護師の職場なのですから。

使えないなんて言わないで、使えるように何とか育てたらいいじゃないですか。

要領が悪いだけで、人が気づかない地味なところで頑張っていたりもするのですよ。

 

私は、みんなから相手にされてない新人さんに親切にしていたら、その人の何気ないフォローで救われた場面がありましたよ。

どうすべきかをちゃんとわかっている人だったと思います。

 

忙しくて足手まといになるというような扱い方をしていることが多いのですが、そんなこと言って潰したらまた人員が減ります。

そんなのきりがないでしょう・・・。

それとも、もしかしたらずっと「人手不足で忙しい」と言っていたいのでしょうか?

そんなことすら考えてしまいます。

もしもひどいいじめに遭っているなら、自分が壊れる前に逃げていいと思います。

ただどこも似たり寄ったりなので、次を選ぶのは慎重にしないといけません。

でも、免許を持っているのは自分です。

卑屈になることも、奴隷になることもないと思います。

だけどもしも理解者が1人でもいて、その人について行ってもいいと思えたなら、少し頑張ってみて欲しいです。

 

まとめ

看護師の人間関係ははっきり言って悪いです。

でもそれはもう伝説的というか、びっくりするような話ではありません。

昔からあることなのです。

更衣室のロッカーに口紅で悪口が書いてあったとかいう怖い話だってあります。

好き嫌いは、人間ですから仕方ないことですが、いい大人なんだし、いじめとかそんなエネルギー使わないで、もっと楽しく仕事しやすい雰囲気にする方が賢いですよ。

人を育てないといつまでも楽にはなりませんよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ゆるしいろふわり , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。