アラフィフジプシーナースゆきののブログ

ビタミンCがお風呂の入浴剤?塩素を除去してまろやか効果!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

しばらく記事を書かずにいたら、いつの間にか季節も変わり、お風呂にゆったり浸かるにも良い気温になりました。

ところでお風呂には何か入浴剤を入れていますか?

何も入れない人の方が少ないかと思いますが、今日の記事はタイトルそのまま、ビタミンCが入浴剤にもなるという話です。

興味のある方はお付き合い下さいね!

 

お風呂のお湯が肌の刺激になる

水が合わないという言葉があり、例えばその土地の風習とか環境とかが自分には合わないというような時に使いますが、私は以前、まさしくそのまんま、その土地の「水」が合わなかったことがありました。

今、私は、自分が生まれ育った土地で暮らしていて、引越しは何度も経験していますが、この土地を離れたことは一度しかありません。

その時も、決してはるか遠い土地に住んだわけではなかったのですが、そこで「水」が合わないことを実感したのでした。

 

その地域に住んでいる人は、ここは水がきれいだと言っていましたが、上水道の話ではなかったのか。

水源は、私の生まれ育った土地の方が豊かに思える。

いや、そんなことではないかもしれない。

住んでいたマンションの水がいけなかったのか?

いやいや、マンションごとに水が違うなんてことはないのでそれも違うでしょう。

 

肌にピリピリと痛い

私の当時の体調も1つの要素だったのでしょうけど、その頃、とにかくお風呂のお湯が肌に刺さると言うか、さら湯がやたらとピリピリとして痛いなと感じていたのです。

私はアトピー体質ではないですが、季節の変わり目に顏のお肌の乾燥がひどくなり、病院通いしたことはあります。

毎回、そんなことになるわけではないのですが、まぁコンディションが悪い時でしょうか。

ひどい時には顏もそっとぬるま湯で撫でるように洗い、化粧水は禁止でひたすらバリア機能が改善するのを待って過ごした季節もありました。

 

つまり、元々、乾燥肌に傾きがちではあります。

その時はそんなトラブルは起きてなかったのですが、住み慣れた土地から引越してまもなくで、明らかに「水が違う」「水が合わない」というようなことを感じたのでした。

 

髪がゴワゴワして地肌も痛い

お風呂の影響は髪にも起こっていました。

髪がゴワゴワして、地肌もピリピリするのです。

頭皮のコンディションが悪いのを自覚していたので、美容室の予約もキャンセルしました。

当時、美容室で定期的にカラーリングもしていましたが、これでカラーリングは当分無理だと思いました。

 

入浴剤やシャンプーを変えてみる

本当に自分のコンディションが悪かっただけで、その土地の水のせいではないかもしれませんが、肌も髪も全体的に乾燥していて、お湯が優しくないように感じていたのは確かです。

 

日本の水道水は、十分に飲用可能な、病原微生物の汚染のない安全な水です。

日本には、水道法という法律があるので、水道水の消毒の為の残留塩素の濃度もきちんと決められています。

水道をひねると出てくる水は全て、残留塩素が0.1㎎/dlという濃度に保たれるように法律で定められています。

だから、土地によって塩素が濃いとか薄いとかいう問題はないはずです。

含まれるミネラル分(硬度)などは違うでしょうけど。

 

それで、保湿系入浴剤なども変えてみたりしました。

でも、入浴剤にも何が入っているのかよくわかりませんので、神経使います。

髪や頭皮はシャンプーのせいかと思い、短い間にシャンプージプシーもしましたが、ピンとくるものはありませんでした。

 

ビタミンCは塩素を中和する

そして、お風呂のお湯の刺激について調べていて、知ったのがビタミンCの存在でした。

塩素除去シャワー?

それは何だ???

調べた結果に見慣れないものが出てきて、よくよく調べてみると、ビタミンCが塩素を中和するということだったのです。

 

ビタミンCは、サプリメントとして常用していた私ですが、入浴剤に使うというのはその時初めて知りました。

下手に入浴剤を使うより、ビタミンCをごく少量入浴剤としてお風呂に入れるだけで、さら湯独特のピリピリとした刺激がなくなると言う。

 

え?そうなの?と思った私は早速、ビタミンCを購入しました。

↓私が購入したのもこんなのです。

アスコルビン酸 ( ビタミンC ) 原末 920g ビタミンc 粉末 サプリ

 

ビタミンCを入浴剤にすればコスパもいい!

ビタミンC粉末を入浴剤として購入する人は、結構多いようでした。

私が知らなかっただけで。

ネット上では大容量でいくらでも販売しています。

私が購入したビタミンCは食品グレードのものですが、そのように販売しているものは大抵、食品添加物(酸化防止剤)として使える、食品グレードのものだったようです。

 

お風呂には、1g程度のビタミンCを入れるだけ。

添付の小さなスプーン一杯くらいの量で、「こんなもので???」と思ったりもしたのですが、とにかく、試したことのない方は、是非一度お試ししてみることをお勧めします。

本当にお湯のまろやかさが変わるのですよ。

さら湯の刺さるような感覚が消えて、お湯が肌に優しくなります。

ビタミンCを入れても、お風呂のお湯の色はそのままなので、見た目の変化もなければよい香りなどもないですが、お湯は明らかに違います。

 

私は、その後、塩素除去シャワーヘッドなるものも購入し、そこにいる間はヘッドをそれに取り替えて使っていました。

そのヘッドは、フィルター部分にビタミンCが入っていて、そのカートリッジを交換しながら使用するようになっていました。

お風呂にビタミンCを入れても、結局シャワーのお湯はそのままですので、シャワーから出るお湯も何とかしたかったのです。

 

私のそれは安物だったのですが、理屈は一緒なので十分役に立ちました。

ヘッドが劣化するまで、何度かカートリッジにビタミンCを詰め替えながら使用していました。

髪のゴワゴワもなくなり、とても重宝しました。

 

↓こちらはレンタルの塩素除去シャワーで、メンテナンスなどもお任せして使い続けることができるので、楽かもしれません。


取付カンタン!手軽に浄水へ切り替え!いつまでも最高品質のお水で!浄水シャワー

 

まとめ

私も再び住み慣れた土地に戻り、いつの間にか水を意識しなくなったということは、やはりこの土地の水が合っているということなのでしょう。

あるいは、水ではなく、その地域の気候や湿度の問題なのかもしれません。

ビタミンCの入浴剤はコスパも断然優れています。

私は、食品グレードのビタミンCだったので、お風呂に入れるのと共に飲み物に入れてサプリにしていました。

入浴剤と言っても無色無臭で面白くはありませんが、成分があれこれ入っている入浴剤は避けたいという人には良いのではないかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*おすすめ記事

>>洗髪にも使える?「アレッポの石鹸」の万能な使い方について

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ゆるしいろふわり , 2018 All Rights Reserved.