白髪との闘いはヘアカラーが全て!50代でロングヘアにする!

♦美しい髪

若い頃にはサラサラロングヘアでも、一定の年齢になると短く切ってしまう人が多いですよね。

50代になれば、ショートの方が何となく「できる女性」のようでカッコいいと私も思っていました。

わかったのは、ロングにしない理由の一つは白髪のせいということ。

まめなヘアカラーも大変で、ロングを保つ余裕がなくなるのです。

しかし!悩みましたが、私は再びロングヘアになりヘアカラーに励んでいます。

ところで、白髪染めとおしゃれ染め、どう違うのかご存じですか?

今回は、白髪世代の女性の為の記事です。

スポンサーリンク

50代にして髪を伸ばしてみたくなる

誰も興味ない話で申し訳ないのですが、私も若い頃はほとんどロングで過ごしました。

私の髪は量も太さもちょうどよくて、結構扱いやすく、癖も全くないので縮毛矯正など必要なく、ナチュラルにサラサラでした。

そしてストレートも強いウェーブも(ソバージュなんて大昔に流行りました)、デジタルパーマにアイロン巻き髪と、ありとあらゆることをしていました。

美容師さんからは、髪質が強い!と褒められていました。

マメではなかったので、特別な手入れをしていたわけではありません。

ヘアカラーも繰り返していてそれなりのダメージはありましたが、美容室でするお手入れくらいで家では放置、でもそんなに深刻な状態にもなりませんでした。

ドライヤーもかけず、濡れた髪で寝ることもしょっちゅうでした。

本当はこれが一番髪が傷むと言われます。

 

そんな私も40代半ばになりロングヘアにさよならして、ミディアムショートになりました。

その時に感じたことは「髪が短いってこんなに楽だったのか!!」と目からウロコ。

とても若い時にベリーショートにした経験もあるのですが、「髪に時間がかからない楽さ」はすっかり忘れていたようです。

ロングヘアのシャンプー時間、ドライヤーの時間、どれだけ時間の無駄だったことか。

あーさっぱりした!と感動し、もう二度と髪は伸ばさないつもりでした。

 

それなのにもう一度だけ、長い髪に戻ってみたくなったのです。

私の友人に、セミロングでふんわりしたパーマヘアの女性がいるのですが、ある瞬間にとても女っぽく可愛く見えたのです。

彼女は元々きれいな女性ですが、風になびくふわっとした長い髪っていいなと思いました。

そして、懲りずに伸ばそうと決めました。

スポンサーリンク

50代のロングヘアは白髪との無謀な闘い

我慢して1年ほど、髪を伸ばしてみたはいいけれど・・・。

50代ロングヘアは、若い頃のようにはいかないのが現実。

若い頃にはなかった悩み、それは半端ない白髪の量!

白髪は、白髪エリアとして固まって生えていることが多く、そこだけ目立ちます。

ヘアカラーが褪せてくると、密集白髪地帯が、何だかハゲているようにも見えるんです。

全体的にバランスよく白髪があればいいのでしょうけど、私のは、前の方やトップの方にごっそり束になった白髪があります。

 

若い頃でも、若白髪の1本や2本や3本くらいはありましたよ。

でもそれは「若白髪!!やあね。」で終わることでした。

そして、見つけた時は「許せない!」と簡単に抜いていました。

でも、今そんなことしていたらきりがなく、ハゲてしまいます。

私は、もう若白髪とは言えない白髪になっても次々と抜いていたのですよ。

若い時の延長だったのですが、抜く量はどんどん増えていきました。

そしてとうとうある日「ここ、髪が少ないですけど抜いてないですか?」と美容師さんに指摘されました。

ハイ!白髪が生えるので抜いています!と白状すると、美容師さんは慌てて「やめてください!」と注意されました。

「これからも白髪は増えるんですよ。それを全部抜いていたら毛根を傷めるし、ハゲますよ!」

私はそういう世代になっていたのかと自覚したのは、そのあたりだったかもしれません。

私が容赦なく抜いていたのは、若い時に見つけた若白髪とは違いました。

それを自覚して、私は髪を短くしました。

手入れが悪くてつやがなく、白髪が目立つロングヘアほど見苦しいものはない、と昔から思っていましたので。

それなのに、またロングヘアにしようと言うのですから、お手入れ必須なのは覚悟の上でした。

スポンサーリンク

白髪染めとおしゃれ染めはどこが違うのか?

私は、髪を短くしてからは、ヘアカラーもドラッグストアで購入してセルフでまかなっていました。

ヘアカラーしてもすぐに根元に白髪が見えて来るし、しかも私の白髪は密集して生えていますので、まるで白髪のメッシュのように目立つようになります。

なので、自分で手軽に染めてしまえるブラシ付きクリームタイプのヘアカラーを愛用していました。

 

でも、何となく髪がゴワゴワして褪色も早い気がします。

すると、あのセミロングの美人の友達が、自分がネット通販で購入しているお品を教えてくれました。

それはカップの中でヘアカラー剤を混ぜ、刷毛で塗っていく、まさに美容師さんが使っているようなカラー剤で、確かに髪には優しいようです。

でも、カラーがムラになって変な色になっているところがある・・・。

なので、ちょこちょこと白髪染めは自分でやって、全体染めは美容室に行くようにしています。

 

ここで本題なのですが、同じヘアカラーでも、白髪染めとおしゃれ染めがありますよね。

この違いはわかりますか?

白髪がある人のは白髪染め?

私もふんわりと理解していましたが、これは美容師さんによっても美容室によっても、どうやら扱いが違うらしいのです。

【実体験】美容室での白髪染めとおしゃれ染めの比較

美容室Aでは、普通のヘアカラー剤でのカラーリングをしてくれました。

「ここらへんの密集白髪が気になるのですが、これは白髪染めでしょうか?」と一応聞いてみると、普通のヘアカラー剤で大丈夫とのこと。

昔は、白髪染めの人は2色くらいしか選択できなかったけど、今のカラー剤はそんな区別をする必要はない、と言われて、その美容師さんは自分でヘアカラー剤をブレンドして手際よくカラーリングしてくれました。

 

次に美容室Bが安かったのでヘアカラーに行きました。

そこは迷わず白髪染め用カラー剤のようでした。

「この色で良いですか?」と確認され(選択肢が少ない)、白髪染めでカラーリングしました。

 

その違いは何?と思ったので調べてみると、実はあまり両者に違いはないのだそうです。

極端な話、白髪染めを白髪のない人のヘアカラーに使っても良いのだそうです。

 

ただ、白髪染めは元々髪の色素が抜けている髪を対象にするので、髪の色をブリーチする成分が少なく、染料が多い

一方、おしゃれ染めは一旦髪の色素を抜いて色を入れる為に、ブリーチする成分は多く、色味が薄い

また、おしゃれ染めを使って白髪染めをする時には、青みが出ないようにブラウンを混ぜる加減が難しい

白髪染めはそれがすでに調合されているので、施術者の腕に関係なく、調剤の手間もなくヘアカラーできる。

 

つまりですね、白髪染めとして分けられてあるのは、それを使う施術者(美容師)の時短や使いやすさの為と言っても良いそうです。

ちなみに、色彩豊かで色味の選択肢が多いのはおしゃれ染めの方。

最初から入っているブラウンの割合が少ない分、その色をきれいに再現できるのもこちらのようです。

そして、色持ちは白髪染めの方がやや長いそうですが・・・。

私は、むしろ、おしゃれ染めしてくれたA美容室の方が色味はいつまでもきれいで統一感もあり、長持ちしました。

B美容室では、染めた当初は色濃く染まったという感じでしたが、なんかあちこちキラキラしていて、おそらく染まりがよくなかったのでしょう。

褪色も早く白髪が目立ちました。

一概に、カラーリング剤の差だけではないですね。

たかが白髪を染めるだけでも、カラーリングは美容師さんの技術がおおいに関係してくると言えると思います。

 

↓↓セルフでできるこんなのもあります。

マイナチュレ カラートリートメント

白髪と闘い疲れた時は

髪を伸ばしてから、ヘアカラーはもちろんのこと、髪が乾燥しないように毎日トリートメントやヘアセラムやを使い、きちんとドライヤーをかけ、UV対策もしています。

 

↓愛用しているのはこれです。

 

香りが独特なので、それが嫌いでなければしっとりと柔らかく、パサつき解消できますよ。

それに、50代の髪は質も変わってきているので、外からの手入れだけではきれいは保てません。

年齢に関係なく栄養素はバランスよいのが基本ですが、特に蛋白質を積極的に摂取するなどが必要になってきます。

そして、何よりも気になる白髪は、根元がふわっとしていると生え際のごまかしが効きます。

なので、できるだけ根元は下から上にドライヤーをかけるようにします。

昔はクセのないストレートが良さでしたが、今はもっとふんわりと根元が立ち上がるようなクセがあればいいのにと思いながら・・・。

今は、伸ばした髪が愛おしいですが、面倒で嫌になる時が来るかもしれません。

手入れを怠って汚くなるようなら、諦めて切るでしょう。

それまでは楽しもうと思います。

 

まとめ

白髪が気になりながらも、ちょっと年齢に逆らってみることにしました。

本当は、髪を伸ばすと重力で毛根にも負担がかかり、髪が痩せてしまうし、カラーリングを繰り返すことが髪には良くないと思っています。

でも、できるところまで頑張ってみます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

テキストのコピーはできません。