アラフィフジプシーナースのブログ

好きな人がいる毎日は幸せ?でも好きな人が既婚者だったら

 
この記事を書いている人 - WRITER -

あなたには好きな人はいますか?

好きな人がいるだけで、何となく心がはずんで幸せな気持ちで過ごすことができますよね。

大らかな気持ちで、何でも許せるような気もします。

でも、好きな人が既婚者だったらあなたはどうしますか?

人を好きになるのは自由。

だけどその人には、法的に守られた相手がすでにいるとしたら・・・。

 

好きな人を思い浮かべるときめき

好きな人がいると、毎日が楽しくなる。

その人のことを思い浮かべただけで、幸せな気分に包まれるのは、恋愛感情が脳内ホルモンの分泌を活性化するからなのです。

ドーパミンやセロトニンという脳内物質は聞いたことがありますか?

 

脳内には、快感をもたらすような様々な物質が分泌されるのですが、これらの作用によって、ときめきを感じたり、好きな人のことが頭から離れなかったり、安らぎを覚えたりと、恋愛におけるいろいろな感情を操っています。

だから、普段の自分とは違う考え方ができるようになるとか、何をしても幸せを感じるというような現象が起こります。

好きな人がいれば、相手に迷惑がかからない範囲ではどんな妄想しても私の勝手。

そういうワールドに浸れることも楽しいですよね。

 

好きな人は既婚者・でも諦められない

好きな人がいると楽しい、でも相手が既婚者だったらどうでしょうか?

もちろん、相手が既婚者であっても、本人に直接関係ないところで妄想に浸る分は「私の勝手」ですよね。

 

別に片思いするだけなら、好きな芸能人にときめくのと同じですから、誰にも迷惑さえかけなければあとは自分の心の問題です。

誰に干渉されることでもありません。

手が届かないとわかっていても、その人に関する情報やグッズを集め、歌を聞き、ライブに出かけ、DVDを繰り返し観て・・・というような日々に幸せを感じることもあるのですから。

 

でも、その人がいっそ手が届かない片思いなら良いかもしれませんが、身近にいる人だったらどうでしょうか?

既婚者であっても、もしかしたら現実的に恋愛のチャンスがあるかも?

そんな期待をしてしまう相手だったら?

 

年齢と共に好きな人が既婚者の率が高くなる

 

自分が若い時は、周りに独身の異性はたくさんいました。

恋愛対象になるような相手も、十分に選べる環境だったかもしれません。

だけど、年齢と共に、好きな人の既婚者率が高くなるのですよ。

素敵だな、魅力的な人だなと思う人は、大抵既婚者なのです。

 

自身も年を取って行くにつれ、相手を選ぶ視点が変わって来ますよね。

外見が素敵、それはとても素敵なことですが、それだけではときめきません。

だけど、人の内面はある意味、外見に現れると私は思っています。

 

例えば、同窓会などに行くとよくわかることなのですが、学生時代にあまり目立たない、パッとしない人だったのに、年を重ねてとても素敵になっている人っていませんか?

そういう人を見ると、あぁ、この人は中身が充実しているのだろうなとか、頑張って努力してきたのだろうなとか、そういうことを感じます。

それは必ずしも、若い頃よりあか抜けて見た目が良くなったということではなく、佇まいみたいなものでしょうか?

 

そしてですね、一定の年齢になると、その生き様が外見を輝かせているような人はほぼ既婚者なのです。

素敵な伴侶がいるからこそ、その人自身も素敵でいられるのかもしれません。

 

不倫は消耗する恋愛

好きな人がそんな素敵な既婚者だったら、不倫でもいいから恋愛をしたいと思いますか?

人を好きになることは、そう簡単には止められません。

そして、好きな人だったら、どんな形であってもかまわないとその時は思うものかもしれません。

 

妻とは離婚するという言葉をあなたは信じられるのか?

 

私も若い頃、好きな人が既婚者で、その人と恋愛関係になりました。

思うように一緒にすごせない寂しさや嫉妬、実に苦しかったです。

そして、その人は、奥様と離婚しました。

私はそのことを事前に聞かされることはありませんでした。

その人は、妻との離婚と私は関係ないことだと言い、それは彼の男気だったのでしょう。

でも、どんなにかばわれても、やっぱり私が彼の家庭を不幸にしたという罪悪感が拭えず、その恋愛は結局破綻しました。

 

でも、世間では、婚外恋愛の中で「離婚」という言葉を口にする既婚者の方も多いように思います。

あなたはそれを信じて、その恋愛を続けていきますか?

病める時も健やかなる時も共にと誓ったはずの伴侶と離婚する、という言葉を易々と不倫相手に語る人を信じることはできるでしょうか?

 

好きな人がたまたま既婚者だったというのは、仕方がないこと。

そして、それを貫いた人が私の周りにもいることはいます。

もちろん、貫くにはペナルティがあるのも当然で、離婚時には家を渡し、財産を渡し、一からやり直す覚悟で結婚した人もいます。

 

だけど、そこに至るまでにはとてもエネルギーが必要で、決してきれいごとではないのですよね。

好きな人がいることがまさしく修羅場だったりもします。

 

そうやって離婚してまで結婚した相手が大きな病気になり、その後は介護生活を背負っている知人もいます。

結婚は、病める時も健やかなる時も・・・の覚悟でなければならないのです。

 

好きな人が既婚者であっても、想うことで日々幸せなら悪いことではないと思います。

だけど、その人と恋愛関係になるなら、それは不倫です。

覚悟のない半端な気持ちでいると、人を巻き込み、自分も周囲も疲れ果てて、全然素敵ではないし、幸せではないと思います。

 

だから近づかない、これに越したことはない。

それならば、好きな人は芸能人、の方がよほど楽しいです。

 

まとめ

職場恋愛禁止というところもありますが、職場でこそっと誰かのファンでいるだけでも楽しいと思います。

好きな人がいるということは、幸せなことです。

それが既婚者でも、距離を置いていられるならば悪いことではないと思います。

だけど、既婚者は既婚者、恋愛対象からははずしましょう。

全てなくなってもいいのか、病める時も健やかなる時もという覚悟があるのか?を自分に問いかけてみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*おすすめ記事

高橋由美子も不倫 なぜ人はよその旦那や妻との恋愛にハマる?

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ゆるしいろふわり , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。