アラフィフジプシーナースのブログ

人手不足で報われない・看護や介護の仕事のやりがいはどこにある?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

近年、介護施設の人手不足は本当に深刻な問題です。

現場は年々ハードになっている気がして、看護や介護の仕事はやりがいのある仕事とか言われますが、やりがいだけで人は働けない。

頑張っても報われないと、燃え尽きて業界を去っていく人は多いです。

今日は看護や介護のやりがいと現実について書いてみました。

 

介護施設の人手不足は深刻

先日、看護師の友人から「今の職場、辞めることにした」と連絡がありました。

「低賃金なのは承知の上だったが、看護師は自分とパートさんしかいないのに、肉体労働の上にあれもこれもと押し付けられて、キャパオーバーで責任持てないから無理」

彼女は介護施設で1年ほど勤務していたでしょうか。

看護師の転職ってこんなものですし、他の職種から見ると驚くほど淡々と退職して転職するのも常なので、驚きません。

 

近年、介護施設の人手不足がクローズアップされ、外国人の労働者をそこに補充しようという方向性が見えています。

でも、そもそも施設の人手不足は今始まったことではなく、昔から慢性的にそういう業界です。

施設では、医療職として看護師が必要ですが、メインはやはり介護職です。

昔はよく、施設は看護師を確保できずに苦労しているという話を聞いていました。

今はもう看護師どころか、いなければ存続が成り立たない介護職がいないという深刻な時代です。

*参考記事

仕事を辞めたい!看護師が一度は考える病院以外への転職

 

介護施設に必要な職種

看護師が働く場所はバラエティに富んでいますが、やはり医療現場が鉄板でしょう。

つまり病院やクリニックなどですね。

最近では、訪問看護ステーションの求人も一気に増えてきましたが、選択肢としてはまだそこまではないと思います。

施設は、その種類によっては、看護師が必ずいなければならないわけではないです。

 

もちろん、看護師の配置が決められている種類の施設(特養や老健など)もあります。

しかし、ややこしいのですが、住宅型の施設などは「住宅」という位置付けなので、看護師が常駐していなくても法的に問題はありません。

それでも、どこの施設もいざという時のため、通常は看護師を1人は置いています。

実際、看護師はいなくてもいいとは言えないのが現実。

年数が経てば入居者も年をとり、医療的なケアも増え、要介護度も高くなって・・・そんな入居者さんばかりになって、看護師がいない環境でお世話するのは無理です。

 

施設の看護師は、日勤のみか、必要時に電話対応するオンコール体制が多いです。(老健などは夜勤もあって交代勤務です。)

メインである介護職の方は、24時間体制で、交代勤務のシフトが組めるだけの人員が必要です。

*参考記事

帰れない日勤と眠い夜勤 ナースの労働時間はこうなっている

 

介護施設の仕事は肉体労働・やりがいは人との関わりに尽きる

介護の仕事はきれいごとではなく、要介護の高齢者ばかりなのでかなり肉体労働です。

今は病院も似たようなものですが。

高齢化社会になり、介護保険は年々、適用が厳しくなって、どこの施設も要介護度が高い人で固めなければ、経営も採算がとれないのが現実。

入居の順番待ちもたくさんいますので施設も入居者を選びますが、その基準は介護度が高い人が優先です。

しかし、介護するのは現場の介護職。

その人員は相変わらずギリギリです。

介護する方は増えないのに、介護度が高い入居者ばかりになれば、仕事は過酷です。

 

私も介護施設で勤務したことがありますが、看護師は夜勤がなかっただけまだましでした。

介護職は本当に大変です。

私が働いた施設の介護職は、要介護度の高い入居者さんをたくさん抱えた施設での16時間の夜勤、1人でお世話していました。

食事の準備も介助も後片付けもオムツやトイレの介助も、そして認知症で夜寝ない人もいます。

夜勤が1人だとおちおちトイレにも行けないし、仮眠もできない仕事。

夜間の長時間労働で、仮眠を確保できなくてよいのかと思っていました。

休憩は自由に取ってね!と言ってればすむような現実ではないです。

 

勤務体制は施設にもよりますが、大抵、人件費の余裕がないのでギリギリと思います。

給料も当然安いです。

頑張っても頑張ってもきついばかりで報われないので、離職者も多く、転院割れで補充しようと求人出しても、来ないようです。

もう介護業界のきつさ、条件の悪さは世間に知られているので、好き好んで来る人も昔に比べてずいぶん減ったのではないでしょうか。

 

そして本題。

こんな仕事のやりがいとは何なのか?

やりがいは、入居者さんとの人間関係に尽きると思います。

介護の現場では、看護師も介護職も入居者さんとの人間関係で繋がっているようなもの。

そこにかろうじてやりがいを見出して自分をつなぎ止め、仕事をしている人がほとんどではないかと思います。

*参考記事

看護師は職業ランキングで女子に人気?自立できるが重労働の現実

 

やりがいだけが自分を支える仕事

先日、どこかの介護施設(住宅型の高齢者施設でした)で職員が全員退職して、立て続けに入居者が亡くなったことがニュースになりました。

介護職員が誰もいなくて、施設長と経営者の医師のクリニックの看護師達で業務を回していたそうです。

結局、入居者さんが亡くなったことは関連がないとの結論になったようでしたが、介護職がいないのに今後どのように運営していくのでしょう。

 

全員退職した理由は、「人間関係と夜勤手当の額を3割ほど下げたこと」と経営者の医師がインタビューで答えていました。

ただでさえきつい仕事で人間関係も悪い上に、急に手当を3割も下げられるって、ひどいかもです。

そこは、他の施設では受け入れが難しい重症の入居者さんを受けていると言っていました。

仕事はかなりきつかったと想像しますが、給料を大幅に下げるなんて。

 

経営も事情はあるでしょうが、個人のやりがいだけをあてにするのが間違ってます。

看護や介護の仕事の現実はこんなものかもしれません。

それでも頑張っている人は、やりがいだけで努力しているのです。

外国人だったら喜んで働いてくれると思っているのでしょうか?

もっと根本的な問題と思うのですが。

 

まとめ

介護の仕事は今後もっと厳しくなるでしょう。

病院勤務の看護師でも、仕事は医療より介護の要素が大きいと思います。

介護は、環境も待遇も悪い中でできる仕事ではありません。

私が接した介護職員は、過酷な労働の中でも「○○さんが喜ぶから」「○○さんが可哀想だから」と言いながら一生懸命仕事をしていましたが、人は報われないといずれ燃え尽きてしまうもの。

やりがいのある仕事とか、きれいごとでごまかさないで根本的に改善すべきと思います。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

 

*おすすめ記事

施設で認知症の96歳女性に熱湯をかけた介護士の倫理

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ゆるしいろふわり , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。