不倫の誘惑 なぜ人はよその旦那や妻との恋愛にハマる?

男と女

不倫はすっかり日常の中に入り込み、芸能人の不倫報道も全然驚かない今日この頃です。

なぜ人はよその旦那や妻にこんなに惹かれるのでしょう?

人の恋愛にどうのこうの言うつもりはないですが、今日は自身の体験も振り返り反省などしながら不倫を考察してみます。

スポンサーリンク

不倫が他の恋愛と違う点は何か?

不倫が他の恋愛と違う点。

何よりも恋愛相手にはすでに決まった相手がいるということですよね。

それも単なる恋人ではなく、法的に守られたパートナーがいるということです。

紙切れ一枚とか言いますが、この紙切れにしっかり守られたゆるぎない関係は大きいです。

それなのに若い時は、その紙切れの意味もあまりわかってないことが多いと思います。

実は私も不倫の恋愛の経験者です。

相手が既婚者なのは不自由だけど恋愛を阻む理由と思っていませんでした。

不倫でよく聞く言葉

「好きになった相手がたまたま既婚者だった」

私もまさにこの状態。

それが既婚者との恋愛では正当な理由だと自分では思っているのですよね。

なんて恐ろしい思い込みでしょうか。

今の私は、そんなエネルギーは無駄と考えるおばさんになってしまったので、不倫をスルーしていく自信はあります。

その前にすっかり縁もなくなりましたが。

恋愛が燃え上がると、たとえ既婚者であろうが法的には認められなかろうが、その人が世界の全てになってしまいますからね。

いつも一緒にいたいという叶わぬ望みも持ったりします。

「その人には帰る家がある」

結婚してるので当たり前のことなのですが、それが切なくて涙したりするわけです。

そしてますますこの恋愛が価値あるもののように思いこみます。

スポンサーリンク

不倫の恋愛はどんなメリットがあるのか?

不倫の恋愛は、どんなに望んでも結婚という未来が描けないのです。

会いたい時に会えるわけでも堂々と一緒にいられるわけでもありません。

「限られた時間の制約の中でこそこそと逢い」

「できるだけ人の目につかないように神経を遣い」

「一緒にいられる場所も限られていて」

「連絡するときには偽名その他約束事があったり」

「会える時をひたすら待ちくたびれながら過ごし」

「顔の見えない配偶者や家族に嫉妬し」

はっきり言ってとっても効率が悪いです。

逢っていても結局、不倫相手には帰る場所がありそこに帰っていくわけです。

そこには、その人と堂々と一緒に過ごすことができる家族が待っています。

その団らんの中で、(例えそれが取り繕う為の嘘だとか言っていたとしても)何もなかったような顏で笑っているだろう不倫相手。

想像しただけで胸が苦しく、そしてますます愛しくなります。

私の方がもっともっとその人を愛しているのに。

不倫の恋愛は、自分が絶対に入りこめない世界などが演出効果にもなります。

でもなんだかんだ言っても、都合よく楽しい時間だけ共有できるのです。

愛しい人がグータラしている姿を横目にうんざりしながら掃除機かける必要もないし、献立に文句言われることも今月の家計のやりくりとかも無関係です。

男性には、相手が人妻の場合、その女性の生活の面倒を見てくれている男性がいるので責任はありません。

男性が既婚で女性が独身でも、「自分には家庭がある」という暗黙の了解で彼女に対し無責任の免罪符になります。

要するにロマンチックで色気を追求した切ない時間だけをご一緒すれば良いのです。

現実はさておき、純粋に愛だ恋だに熱中することができます。

生活とかその他の面倒臭い現実的な責任は、誰か別な人が担ってくれているというのは、嫉妬すると同時に気楽さでもあります。

スポンサーリンク

なぜ人はその恋愛から抜け出せないのか?

私が不倫の恋愛をしていた時、辛い寂しいと思うと同時にこのままでいいという気持ちがありました。

その人のことが好きだから独占したいという気持ちは本当です。

でも状況を変えるには大きなエネルギーが必要で、私にはそれはなかったのですね。

望んでも報われないと一方的に悲劇のヒロインになりきっていて、実は自分がこの位置から動く勇気も、この人と生きていく覚悟もないことの言い訳にしていたような気がします。

その証拠に私のその不倫の恋愛は、相手が本当に離婚してしまったことで壊れました。

私が好きだったその人は、私と生きていこうとしたわけです。

そんな話を進めているとは知らず、恐かったというのが私の正直な気持ちかもしれません。

とんでもないことをしてしまった、その責任を背負いきれないという恐さです。

お互いがあまりに若かったので、もう少し年をとった二人であれば未来を堅実に引き寄せることもできたかもしれませんが、相手は急ぎすぎ私はそれにドン引きしたという次第です。

でも過去を振り返って「タラレバ」はありません。

不倫の恋愛は、そのままならば物事が大きく変わることはなく、変える必要もなく、その関係が安定しやすい=ずるずる続きやすいと思います。

どちらかが何かアクション起こさない限り。

甘い思いに浸り、結ばれない悲劇に酔い、相手を美化して無責任に都合よく維持していけるんです。

スポンサーリンク

不倫の恋愛はリスクがいっぱい・常にそれを考えておくべき

不倫で喜びを感じる瞬間は?と女性を対象にした雑誌のアンケートがありました。

一番多かったのが、

「妻がいるのに自分を愛してくれている優越感」

だったそうです。

優越感、たしかにそういう思いもあるかもしれません。

誰も知らないこの人の大きな秘密を私だけが知っている(というか共有している)的な感じでしょうか。

秘密を共有する「共犯者」の関係は特別なものがありますからね。

そのわりに、別れたくなったらすぐ別れられるとか、わずらわしくないという意見もあったようです。

もし相手が既婚者でなければ付き合ってなかったと答えた人も高い確率だったそうです。

でも不倫を便利な恋愛と捉えていると、痛い目に合うと思います。

映画やドラマで素敵な題材に取り上げられるけど、結局は法律違反ですからね。

騙されて既婚者であることを全く知らなかったというわけではない限り、その人の配偶者から訴えられたり、慰謝料請求されたりすれば負けなんです。

どんなに愛が恋がと言っても、法律が保証してくれるのは戸籍上の配偶者なのです。

それに、人を巻き込んで恨みを買いやすいため凄惨な事件も起こりやすいです。

不倫相手の夫から陰部を切断されトイレに流された事件などありましたがご存知でしょうか。

それでも刺激的な恋愛をあえて求める人はいなくなりません。

せめて自分は大丈夫とか軽く考えず、リスクを前提に行動した方が良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

私は自分もいろいろあったので綺麗事を言うつもりはありません。

まして人の恋愛に口出しするほどバカげたことはないです。

でも、不倫の恋愛は本当にリスキーです。

それだけは自覚しておいた方がいいと思います。

だいたい他の女を全力で養っているような男って何なの?と思いませんか?

私はそう考えるようになったら不倫の恋愛がとてもあほらしい気がしてきたのです。

私だけを責任持って守ってくれる人を大事にしたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タロットメールカウンセリングご案内
☆タロットメールカウンセリング☆

1.シンプル鑑定
2.メールカウンセリング付鑑定

より深くよりじっくりゆっくりと
ご相談を希望される方に。

男と女
スポンサーリンク
ゆるしいろふわり

コメント

テキストのコピーはできません。