線香をあげる意味を調べていて線香の匂いで思い出した怖い話

スピリチュアル

お盆になると線香やら提灯やらお供えやら準備が慌ただしくなりますね。

ところで線香をあげる意味ってご存知ですか?

当たり前のようにしてあげているもので、実は私は最近までその意味を考えたこともありませんでした。

今回は私のような人の為に線香をあげる意味をご説明してみます。

そして線香の匂いにまつわる夜勤の時怖い話も添えてみます!

スポンサーリンク

線香をあげる習慣ありますか?

あなたは毎朝、仏壇に線香をあげる習慣がありますか?

日本人だから、代々そうして来たからと、その習慣が身についている人もいる一方で、近年は仏壇がない家というのも増えてきましたよね。

今はもう家族が代々、同じ家に暮らしている時代ではありません。

仏壇がない代わりに、写真を飾ったりお花を飾ったり、分骨してもらったりして、亡き人を供養するスペースを作っている人もいると思います。

だから、線香と言ってもその形もいろいろなのではないかと思います。

今は火の管理の必要がない、本物の火をつけるのではなく電気が点くタイプの安全な線香やろうそくもあります。

線香をあげるというより電気を点けるということになりますね。

香炉も線香を立てるタイプではなく、寝かせるタイプがあります。

実は線香を立てるか寝かせるかは、宗派によっても異なるようです。

  • 浄土真宗では線香1本を折って寝かせる
  • 真言宗では線香3本を立てる
  • 曹洞宗は1本を立てる

など、どこまでこだわるかですが、本来は線香の数もあげ方も違うのだそうです。

でも、今はそんな型にはまらないで、本当にコンパクトで可愛い香炉も売っていて、それに合わせたミニ線香などもあります。

お香を炊くようなイメージでちょっとおしゃれな感じです。

スポンサーリンク

線香をあげる意味は諸説ある

線香をあげるスタイルも、現代の住宅事情や家族構成に合わせて、バリエーション豊かになっています。

ですので、昔ながらの形式にとらわれず、それぞれが生活のスタイルに合うものを選択して良いのではないでしょうか。

さて、線香をあげる意味ですが、仏様にお参りする時に線香をあげることは、誰もが自然と身につけていることですよね。

線香の匂いって、心が落ち着くので私は好きなのですが、煙いとか臭いとかで嫌いな人もいるかもしれません。

この線香の匂い、亡くなった方の食べ物という意味があるのだそうです。

え?それはお供え物ではないの?と思った人もいることでしょう。

私もそう思いました。

お供え物はまた別な位置付けになるのです。

線香をあげる意味は、他にもあります。

それは、線香をあげる人の俗世にまみれた心身をその匂いによって清めるという意味です。

これは、なんかしっくりと納得できる気がしますね。

線香の匂いをまとうことで線香をあげる人が清められるという意味です。

さらに、線香の匂いがあの世とこの世を繋ぐという意味もあります。

線香をあげる時には、自然と亡くなった方に思いを馳せるものですよね。

あげる人の心と今は亡き仏様になった人との心を線香が繋ぐという意味があるのです。

スポンサーリンク

線香の値段はピンからキリまである

線香のお値段ってご存知ですか?

今や、線香は100均にも売っているくらいですので、安く手に入れることはいくらでも可能なのです。

その一方で、何万円というようなびっくりする値段の線香もあります。

私は、線香を買いに行った時、値段の違いは何なのか?と仏壇屋さんに聞いたことがあります。

それはやはり香料の違いだそうです。

高級な線香は、希少で高級な天然の香木を使っています。

ですがお値段が安いものは、人工的な香料で作られています。

香水などを見ても、やはり値段の違いはその香料ですよね。

 

《最高級品の”伽羅富嶽”塗箱入り》

伽羅(きゃら)を使った現代的な香り

↑の線香の匂い、一度でいいので嗅いでみたく憧れます。

 

《伽羅「永寿」貴重な香木伽羅の香り》

高貴な香木伽羅の幽玄な香り

↑同じ伽羅の香りでもこちらは手が届きやすいお値段になっています。

線香の匂いで思い出した夜勤の怖い話

線香の匂いの話をしていると、思い出すことがあります。

看護師の夜勤では多い話なので、夏の怪談になるほど怖くはないですが。

その日、病棟の深夜勤をしていて、相棒と一緒にオムツ交換と体位変換の為に病室を巡回していました。

準夜勤から引き継ぎを受けたばかりの時間帯です。

ある患者さんのベッドサイドに行った時に、線香の匂いをはっきりと感じました。

高齢で寝たきりで反応もないその患者さんは、良い状態ではないけれど特に悪いわけでもありませんでした。

もちろん、誰もがいつどうなるかはわかりませんが、私達がまだマークしている段階ではない患者さんでした。

この意味、同じ看護師だったらきっとわかると思います。

線香の匂いのことは、口にすると不吉な気がしたので相棒に言いませんでした。

線香の匂いの元になるものなど何もなく、私の気のせいと思うことにしました。

そして、その患者さんが明け方、眠るように静かに亡くなりました。

勤務が終わってから相棒に線香の匂いの話をしました。

そしたら彼女は驚いて「実は私もあの時、線香の匂いを感じていた」と言うのです。

私と同じように、そんなことを口にすると何だか縁起が悪い気がして黙っていたと。

私達は、その患者さんのベッドサイドで一緒に線香の匂いを感じ、お互いに口にすることなく夜勤をしてその患者さんを看取ったのです。

病院勤務をしていたら、時々こんな出来事に遭遇するものです。

スポンサーリンク

まとめ

何気なくしている線香をあげるという行為には、ちゃんと亡くなった方に対する意味がこめられているのですね。

その意味を意識しながら線香をあげるようにすると、より心が穏やかになれるかもしれません。

私が夜勤で経験した話も、線香の匂いがあの世とこの世を繋ぐという意味を表しているのかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

テキストのコピーはできません。