アラフィフジプシーナースのブログ

仕事を辞めたい!看護師が一度は考える病院以外への転職

2018/11/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

看護師の最もスタンダードな働き方である病院勤務、安定感はあるけれど、体力のいる仕事ですよね。

もう辞めたい・・・と思うこと、ついつぶやいてしまうこと、多くないですか?

もし本気で転職したいなら行動に移してみましょう!

就活は、仕事しながらでもできます(^-^)

もし「ここ!」と納得できるところがあれば転職してしまえば良いのです。

今回は病院以外の選択肢についての話ですので、興味のある方はお付き合い下さいね。

 

「仕事辞めたい」はまるで看護師の合言葉

何かにつけて「あーもう辞めたい!」と言いたくなる看護師の仕事。

病院勤務をしている時、私はしょっちゅう口に出していましたよ。

言葉に出すと、本当に嫌になるから言わないようにしているという看護師もいましたが、

「もう嫌だ!辞めたい!」と言葉にしてしまった方が私は楽になると言うか、諦めもついてすっきりする方なので。

仕事辞めたいねーはまるで合言葉のように、看護師の間で交わされることの多い言葉でした。

 

「楽しいね!」「ずっと働きたいね!」なんていうのは、多分、間違っても出てこなかったです。

でも、「仕事辞めたいね」「辞められないね」「仕方ないね」「とりあえずここまで頑張ろうか」みたいな感じで、お互いを励まし合い、慰め合い、共感し合って何とかなっていくわけですよ。

 

時には戦場のような現場でもあり、泣きたくなるほど余裕のない仕事でもあり、そんな時の「辞めたいね」は、「辞めようと思えば辞められるしね」とお互いを勇気付ける言葉だったのかもしれません。

 

仕事を辞めたいのはこんな時

仕事を辞めたいのはしょっちゅうでしたが、それでも時々は楽しいこともあります。

看護師の人数が多い日とか、わりと余裕がある楽な勤務だったりすると、それだけで「今日はラッキー♪」と思えるのですよ。

ついでに心許せるメンバーだったりするともう最高(^-^)

それだけで「今日は得した」「こんな勤務なら連勤でもいい」とか思ってしまいます。

疲れ方も全然違います。

 

反対に、雰囲気が悪いメンバーの時ってありますよね。

まあ、看護師の人間関係はそこを基本に考えた方が間違いないですが。

ただでさえ仕事がしにくい雰囲気の時の超多忙なスケジュールなんて最悪です。

忙しくても1人で黙々と取り組むならまだましな方で、絡みがあれこれ必要だと本当に面倒くさいです。

 

仕事の多さ+ギスギスした空気+帰れる見通しが立たないなんて時には、「もう仕事辞めたい」です。

私は昔、3交替の日勤深夜をしていましたが、日勤でボロボロになってやっと帰ったのに、深夜入りで出勤する時はいつも「辞めたい辞めたい」でした。

 

*参考記事

看護師の人間関係が悪いのは事実 いじめも日常で起きている

帰れない日勤と眠い夜勤 ナースの労働時間はこうなっている

 

病院以外への転職は可能?

看護師は、案外、普通のOLさんに憧れも持っています。

カレンダー通りの休日や連休、汚れない仕事、デスクワーク、定時で帰宅、看護師をしていたらかなわないことがたくさんあります。

でも、せっかく取得した資格、OLにはなれない・・・。

 

いえいえ、そんなことはないですよ。

看護師も、会社勤務というスタイルはあります。

大手企業には、保健室のような部署があり、そこに保健師か看護師を置いています。

または、病院などに医療機械のデモンストレーションで来るメーカー、あのようなところにも看護師の需要はあります。

 

ただそういう仕事は希少なので、見つけにくいかもしれませんね。

だけど、治験コーディネーターは比較的求人も多いですよ!

私は治験コーディネーターも経験しましたが、病院看護師からの転職は多かったです。

 

病院以外で看護師の資格を活かすなら、クリニックに転職するだけでも働き方は変わりますよ。

介護施設に転職するという選択肢もあります。

私の友人は、フリーで旅行添乗ナースのアルバイトをしていた時期がありましたが、仕事そのものは暇だったという話でした。

目先の変わったことが好きならそういう転職もありです。

 

仕事の選択のポイントとは

看護師のネットワークを辿ると、結構、レアな情報が入って来ることがあるので、看護師繋がりは有効活用しましょう。

実際に看護師の目で見てどうなのかというのが一番確かですしね。

 

給料面でも、手当がついて同じような額であっても「基本給」はどうなのかは大事です。

ボーナスの計算はだいたい基本給が基本になりますので、そこが低いと年収が変わってきます。

 

転職慣れはいいことではありませんが、転職の要領がわかってくると、確認条件がだいたいわかってきます。

でも、そういうことがよくわからない時は、看護師専門の転職斡旋業者に登録してコンサルタントに間に入ってもらえば、詳しい情報をもらうこともでき相談に乗ってもらえます。

それぞれ、表に出てない求人情報を持っていることがほとんどなので、希望に沿って探してもくれますよ。

 

ナースパワー人材センターは老舗の紹介会社で、求人情報も多く信頼できる会社です。

業界最大全国12拠点の看護師求人サイト

 

こちらの会社は転職支援金が出るそうです。とりあえず登録しておくといいかも!

年間8.6万人が利用する看護師転職サイト『ナースJJ』

 

まとめ

看護師は病院以外の場所でも免許を活かせる働き方はあります。

何だかんだで病院勤務が一番、給料も安定するし、大変ですが自分も仕事のやりがいを見つけやすいと言うことは確かにありますが、夜勤はきついし、年々、体力がついていかないと感じるようにもなるものです。

その時になって、もう他に冒険する勇気がない、となってしまうよりも、できる時に新しい環境を開拓しておくのもいい方法だと私は思っています。

仕事を続けながら、いろんな求人を見てみるのもいいですよ。

もしかしたら今の環境が恵まれていることがわかるきっかけになるかもしれませんしね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

*おすすめ記事

看護師の資格は転職に有利 医療職でダントツ求人数がある

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ゆるしいろふわり , 2018 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。