老眼を自覚し舘ひろしのCMでおなじみのハズキルーペを調べた話

社会・メディア

突然ですがハズキルーペをご存知ですか?

舘ひろしさんなどが出演される、個性的なCMで有名な、老眼鏡のようで老眼鏡とは違うあのちょっぴりおしゃれな眼鏡です。

最近私も小さな字が見にくくなって来て、老眼以外にはないと自覚しています。

そこでハズキルーペをちょっと調べてみました。

興味のある方は読んでみて下さい。

スポンサーリンク

遠くと近く、どっちを取る?老眼って不自由!

まず、老眼はどういう現象かを正確に言うと次のようになります。

 

老眼とは、目の水晶体のピント合わせの力(調節力)が低下することで、近くのモノ(およそ33~50cmより近くのモノ)が見づらくなった状態をいいます。調節力は、産まれた直後がピークで、その後、徐々に弱まり、60歳くらいでなくなっていきます。まだ若いうちは調節力の余力が十分にあるので老眼の症状はありません。しかし一般的には、調節力が弱まる40歳を過ぎた頃から、症状を感じるようになると言われています。つまり、遅かれ早かれ、誰でも老眼になるということです。

<老眼の主な症状>

  • 小さくて細かい字が読みづらい
  • ピントが合わせづらい
  • うす暗いところで、見えづらい

近視でも遠視でも、年齢を重ねると誰でも老眼になります。ただし、近視や遠視があるかどうかによって、老眼を自覚する程度や時期が異なることがあります。

近視の人はたとえ老眼がはじまるくらいの年齢になっても近くを見ることにあまり困りません。年齢を重ねて老眼が進むと、いよいよ網膜上にピントが合わなくなってくるため、やっと見えづらいと自覚するようになります。つまり近視の人は「老眼になりにくい」のではなく、「老眼による症状を自覚しにくい」といえます。

出典元 https://acuvuevision.jp/gimon

 

つい最近、別件で眼科を受診しました。

そこでついでに老眼のことも相談すると、その眼科医が言うには

私の老眼はまだまだ老眼鏡は使わなくて良いレベルだそうです。

でも、小さい字とか本当に見えにくいのです。

スマホとか本当に疲れます。

 

元々、私は近眼ですが、普段はメガネなしでもぎりぎり困りません。

しかしある日の勤務中、患者さんのベッドを挟んで向こう側に置いてあるモニターが見えづらいことに不自由を感じました。

これはやっぱりメガネがいるなと思い、せっかくなのでちょっといいメガネを作りました。

古いメガネもあるにはありますが、普段あまり使う機会がなく、特にこだわりもありませんでした。

ですので、メガネを作るということが新鮮でワクワクしました。

 

新しいメガネを手に入れ、これでばっちり見えて困らない!つもりでした。

ところが、今度は電子カルテの字に焦点が合いません。

これは私の誤算でした。

遠くをきっちり強めに矯正したせいで、近くが見えにくいのです。

それでメガネをかけたりはずしたりするしかないのですが、そんなのは煩わしすぎて仕事になりません。

使い慣れている人は、そういう動作を当たり前にしているのでしょうか?

私は結局、不自由すぎて挫折、仕事中のメガネは諦めました。

それからも老眼は何となく進んでいるような気がしています。

 

まだ私が若い頃、ちょうど今の私くらいのナースは、よく老眼鏡を胸ポケットに常備していました。

近眼用のメガネを上にずらし、目を細めながら小さい字を確認したりしていて、当時はその苦労がさっぱりわかりませんでした。

この文字がどうして見えないんだろう??と不思議だったのです。

今はあの時の熟年ナースの苦労が痛いほど身に染みます。

ハズキルーペのCMはまじめなのに笑える

ハズキルーペは公式サイトがあります。

 

ハズキルーペの販売元はHazuki Company株式会社という会社だそうです。

 

公式サイトでは、テレビでおなじみのCM動画も観ることができます。

 

古いCMはご存じない方もいると思いますが、私は初期の石坂浩二さんのCMからハズキルーペという名前がやたらと耳に残り、いつの間にかインプットされていました。

ネーミングの勝利なのでしょうか?

気づいたらCMも次々と新しいバージョンになり、いつの間にかメジャーになってきたような気がします。

正直言って、商品もCMもなんか胡散臭いと思っていましたが、今はきっと「あのCMのハズキルーペ」というブランディングができ、信頼の商品になった印象です。

やっぱりダンディでおしゃれな舘ひろしさんが絡むことで、年寄りのものというイメージは払しょくされ、よかったのではないでしょうか?

ハズキルーペはこんな商品です

ハズキルーペは、老眼鏡ではないです。

ハズキルーペは拡大鏡です。

倍率も、1.32倍、1.6倍、1.85倍と、微妙な3種類から選べます。

 

また、フレームカラーは今や10色展開(いつの間に!)あってオシャレなんです。

さらにレンズカラーも選べます。

 

大きさも3種類あったというのはHPで知りました。

  • 定番のハズキルーペラージ
  • 小さめなハズキルーペコンパクト
  • 最少モデルのハズキルーペクール

があるそうです。

 

その他にもUVカット、ブルーライトカットなど、拡大鏡なのにカスタマイズが凝っています。

そして、老眼鏡ではないので、使用時は普段のメガネの上から重ねてかけられます。

 

お値段は10,167円(税別)で大きさ違っても価格は統一。

しかも送料無料。

いやー、何だか便利なグッズに思えてきて、ちょっと高いけど欲しくなります。

ハズキルーペを調べていたらCMの謎が解けました

ハズキルーペの公式サイトでは、「粗悪な中国製コピー品に注意」の警告が出て来ます。

それだけ類似品が多く存在していると思われます。

詳しく見るためにクリックすると、粗悪な中国製コピー品の事例などが載せてありました。

歪んで見えるとか壊れやすいとかいう内容です。

なるほど!

それで合点がいきましたよ!

「大丈夫、大丈夫。日本製だし」と、古いCMバージョンで舘ひろしさんが日本製を強調しているセリフがありました。

 

ハズキルーペは、耐久性や耐荷重性、柔軟性など、素材の品質の良さをアピールしています。

国内で開発に時間をかけ、品質に自信を持って販売しているのに、似たような安っぽい海外の粗悪品と混同されては困ると言いたいのでしょう。

楽天やAmazonでも販売していました

楽天もAmazonも、公式サイトに比べると、価格がずいぶんお安いのですが、これは例の粗悪な中国製ではないですよね?

公式サイトは定価なのに、こんなに差があっていいのでしょうか?

欲しい人は大抵こちらで買うのではないかと思いますが。

 

《Amazon》

Hazuki ハズキルーペ コンパクト 1.6倍 クリアレンズ ルビー

新品価格
¥7,980から
(2020/5/4 11:39時点)

 

《楽天》

送料無料 ハズキルーペ コンパクト クリアレンズ 1.6倍 最新モデル ブルーライト対応 老眼鏡 ルーペ

価格:7,620円
(2020/5/4 11:42時点)
感想(78件)

まとめ

ハズキルーペのような拡大鏡は、視力が乏しくなってきた老人向けと思われるかもしれません。

でも、CMの中で若い女性がハズキルーペをかけてネイルのお手入れをしているシーンがあったんです。

その時に、若者にも用途あるじゃん!と感動し、アピールを盛り込んでよく作られたCMだなと思いました。

何かと便利で丈夫そうなハズキルーペ、わりと現実的に購入を検討しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

テキストのコピーはできません。