看護師は転職に有利な資格 医療職の中でも求人数ダントツ多い

看護師の仕事

他の職種に比べて、看護師は転職する人が多いのが現実。

でも看護師の資格があるだけで、求人も(選ばなければ)掃いて捨てるほどあり転職には有利です。

転職を考えている看護師の方は、仕事にあぶれる心配はないですよ。

今回は、転職を重ねた私の体験から、求人の探し方をお話しますので、参考にして下さいね。

スポンサーリンク

看護師の求人は資格があること

資格と一括りにしますが、資格にも種類がありますね。

大きくは国家資格・公的資格・民間資格と分けられます。

そして、その資格を持っていることが前提の求人というものがあります。

いわゆる「士業」と呼ばれる職種の弁護士や司法書士、税理士、公認会計士、行政書士、建築士、不動産鑑定士などはそれにあたります。

そして医療職のほとんどもそれにあてはまります。

医師、臨床検査技師、放射線技師、薬剤師、理学療法士、看護師、全てが資格前提ですよね。

 

資格を取得する為には、何年も専門課程で勉強し単位が必要な資格もあれば、独学で試験を受けて合格すれば取得できる資格などもあります。

看護師は、決められた単位を修得し、さらに国家試験を受けて合格することが必要です。

たとえ学校を卒業しても、試験に合格できなかったらこの職種では働けません。

看護師の資格は一般的に転職に有利ですが、当たり前だけど資格がないと看護師はできません。

 

↓准看護師と看護師の制度について

スポンサーリンク

看護師の資格は転職に困らない

転職する時に需要がなかったら、有利な資格とは言えませんよね。

でもこれだけは言えます。

「いつの時代も看護師は需要が大きい」

そう言い切っていいと思います。

 

他の医療職の資格の中でも、看護師の求人はダントツに多いのです。

なぜなら需要の絶対数が違うからです。

たとえば病院の中で、薬剤師などは何人必要か考えてみて下さい。

たしかに最近は、理学療法士や作業療法士がたくさんいて、リハビリに特化した医療機関も多くなりました。

でも、いくら多いと言っても、一つの病棟内に何十人もいるわけではありませんよね。

それに比べ、看護師は、その部署ごとでシフトを組めるだけの多くの人数を必要とします。

しかも定数を割ると、その病院の看護基準すなわち収益にかかわってくるため、病院としては、現場がきついだろうと考えるより先に、制度の問題が極めて大切です。

看護師の人数が大幅に減ると、もう正常な業務は維持できないので、病棟を閉鎖するようなことも起こりうるわけです。

 

看護師の労働条件はピンキリです。

人員が安定しているところもあれば、入れ替わりが激しいところは常に人手不足。

たしかにブラックなところも多いのですが、それでも看護師の資格は転職先を探すには有利と言えます。

 

スポンサーリンク

転職先を探すにはハローワークが手軽

転職するなら、まずはハローワークでネット検索してみましょう。

今すぐにでもできます。

《ハローワークインターネットサービス》

ハローワークインターネットサービス - トップページ

 

登録の必要もなく、気軽に家で閲覧できますよ。

地域と職種を絞って検索にかけてみると、大量にヒットすると思います。

ただし企業名を公開してない求人は、この状態では条件だけしか見ることができないので、どこなのかはわかりません。

ネット上に公開していない企業(病院)もあります。

いいなと思う求人番号をチェックして、最寄りのハローワークで検索すれば、その求人の詳細を確認することができます。

ハローワークでも、閲覧だけなら誰でも登録なしにできます。

相談や紹介を依頼する時は、簡単な登録が必要ですよ。

検索する時に条件を厳しく細かく絞ってしまうと、検索に引っかからないところもありますので、ざっくりと最低限の条件で検索してみるとよいですよ。

 

私は転職の予定がない時でも、気分転換に時々ハローワークに求人情報を見に行っていました。

私のまわりでそんなことをやってる看護師は多かったですよ。

今の職場で嫌なことがあった時なんか、求人を眺めて「あ、やっぱり今のままでいいや」と納得するのにも役に立ちます。

結構面白いですよ。

スポンサーリンク

看護師限定の転職先紹介会社に登録する

看護師の資格を持っている人の転職先紹介会社は、たくさんあります。

そういうのに登録しておくと、ハローワークなどには出てないようなレアな求人情報を持っていることもあります。

面接まで至らなくても、担当者から事前に詳細な条件を聞くことができますよ。

 

そういう会社は、人材を紹介してその看護師が採用され、一定の期間勤務すればいくらという成功報酬になっているようです。

働き続けてもらうことが前提なので、とにかく紹介すればいいのではなく、本人の条件に合い、できるだけ満足できそうな候補をあれこれピックアップしてくれます。

こういう会社を使う時は、複数登録して並行して利用した方が有利かと思います。

こう言っては何ですが、未熟なコンサルタントもいます。

自分の意向がよく伝わらないとか、医療業界や看護師のことがあまりわかってなさそうなコンサルタントもいるのです。

看護師業界は一般の会社とはちょっと違い、特殊な部分が多いですよね。

わからないのも仕方ないのかな?とは思いますが、紹介会社やコンサルタント個人によって差があるのも確かです。

 

看護師専門の紹介会社の有名どころを挙げてみますね。

 

看護師紹介25年、10万人が利用する転職サイト

ナースパワー人材センターは、古くからある老舗の紹介会社で、評価も安定しています。

私も以前登録していましたが、コンサルタントは医療業界に詳しい人が多い印象です。

 

看護師の求人・転職・派遣ならMC─ナースネット

ここを運営しているメディカルコンシェルジェも、古くからある会社のようでよく耳にします。

 

あなたの”理想の職場”が見つかる!【ジョブデポ看護師】

こちらの会社も業界では有名と思います。

情報数もかなり多く、見やすいサイトで、就職祝い金などあるのはうれしいですね。

 

看護師の転職なら【ナースエージェント】

このサイトは求人情報のまとめサイトになっていて、紹介会社もここから探すことができるようです。

看護師の資格にプラスαがあればもっと有利?

看護師の資格に、認定や専門などのプラスαがあればそれも確かに評価されるとは思います。

でもはっきり言って、それほどは関係ないかもしれません。

もちろん専門的な方向に転職する場合は有利です。

以前、助産師の資格がある人と一緒に仕事をしたことがありました。

そこは産科と関係なく、本人も看護師の資格でそこに転職したようでした。

その前は当たり前に産科にいたと言っていました。

勿体ないとは思いますが、本人が自分の専門を選ばない限りは、専門資格はなくても一緒ということなのです。

ただ、認知症看護や糖尿病療養指導などの資格は、使える幅が広いので、結構有利になるかと思います。

給料としては、そんなに変わらないとは思います。

スポンサーリンク

まとめ

看護師の資格があれば、1つの職場にこだわる必要はないです。

今の時代の中では特に、需要の多い有利な資格だと思います。

ただ、本当に就職先によって条件は大きく異なるので、よく検討してから転職を決めて下さい。

比較的簡単に転職できる資格だからこそ、転職の失敗も多くなる傾向はあるかもしれません。

看護師の働く場所は病院だけではないので、それも選択肢に持っておくといいですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

テキストのコピーはできません。